お知らせ

福島駅前にて能登半島地震への義援金托鉢を行いました

1月14日、福島駅前にて県北の青年僧侶15名が集い、令和6年能登半島地震への義援金の托鉢を行いました。

12時から14時半までの2時間半という短い時間であり、さらに私は都合上1時間のみのお手伝いとなってしまいましたが、本当に多くの方からご浄財をいただき、計190,714円を日本赤十字社を通じて寄進いたしました。

大人のみならず、大学生や小さなお子さんまでご浄財を託してくださったことが深く印象に残りました。誠にありがとうございます。

なお、この活動は福島民報に掲載いただきました。

ABOUT ME
石井 祐晃
円福寺住職の祐晃(ゆうこう)です。現在は、東北大学大学院の死生学・実践宗教学で勉強中です。 好きな食べ物はじゃがりこサラダ味のLサイズ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です